改善しないならフリーになろう

よく聞くIT技術職のイメージは需要が高く収入が良いというものです。それは実際のところ事実であることが多いのですが、時にそれは額面だけのことになるケースがあります。

その理由は人手不足から社員の一人一人に対する仕事量が多い、連日のように残業続きである、さらに個人仕事が多くなるWebエンジニアやWebデザイナー、プログラマーなどは半ば強制的に持ち帰り仕事をすることもあるなどです。こうなってくると時間で割ると給料安いといっても過言ではなく、バランスが崩れていることが多くなります。
そして最近はネットショッピング全盛期ともいえて、関連するアプリケーションの需要が高まってきて、主にメイン作業となるWebエンジニアの負荷が凄まじいものとなっているのです。これが一過性ならしばし耐えればいいのですが、連続している、さらに改善の余地が見えない場合はフリー転身を考えてもいいでしょう。

ただフリーになった場合、技術者本人が営業活動もしなければいけなく、仕事方法は会社員時代と若干異なってきます。どれだけ優秀であっても仕事がなければ収入は得られませんので、仕事の受注が可能な環境づくりが求められるでしょう。そのためには日頃から人脈を築いておく、コンペなどに出品して実力を広く知ってもらうなど努力も必要になるのです。しかし、上手くいけば自分の都合に合わせて仕事量を調節することができるようになります。

つまり、仕事が忙しすぎて体や心を壊してしまうといった場合は、フリーへの転身を考えることをおすすめするということです。